グラファイト電極市場レポート(2022年3月29日)

今週、中国の黒鉛電極の価格が上昇した。2022年3月24日現在、主流の価格は以下のとおりです。

直径300-600mm

RPグレード:USD3200 – USD3800

HPグレード:USD3500 – USD4000

UHPグレード:USD3750 – USD4450

UHP700mm:USD4800 – USD5000

市場の平均価格はUSD3900/トンです。原材料価格の頻繁な上昇に牽引されて、グラファイト電極の市場価格は今週の初めに160ドルから240ドル/トン上昇しました。しかし、製鉄所向けの黒鉛電極の需要が弱いため、市場での新規受注はほとんどありません。黒鉛電極の市場価格は、主に原材料の価格上昇に基づいて上昇を続けました。

 

グラファイト電極のコスト

今週、中国のグラファイト電極のコスト圧力は依然として高いです。現在、上流原料の価格は高止まりしており、ニードルコークスや低硫黄石油コークスの価格は依然として強気と見込まれているとのことです。さらに、処理リソースの不足は、グラファイト電極市場の全体的なコスト圧力をさらに増大させます。

 

グラファイト電極の供給:

今週、市場でのグラファイト電極の供給は主に安定していました。現在、ほとんどの黒鉛電極会社が生産を再開しています。しかし、一般的な下流の需要と上流の原材料の高価格のために、一部のグラファイト電極会社は依然として生産を管理および制限しようとしています。最近の流行の影響により、一部の地域では輸送と原材料の輸送が制限されています。市場でのグラファイト電極の出力は限られています。

 

市場の期待:

短期的には、コスト面と需要面が競合しています。コストは高止まりしており、価格上昇への期待は依然として強気ですが、グラファイト電極の需要が低迷しているため、販売価格が制限されています。利益が不十分な状態で、黒鉛電極企業に対する上向きの感情がたくさんあります。一般的に、短期的な黒鉛電極の市場価格は上昇すると予想されます。


投稿時間:2022年3月29日